ar1月号のカバーgirlに今田美桜が登場!

ふわふわ〜っと柔らかくて、ほわほわとピースフルで、ちゅるんと輝くお肌も、

トキメキに満ちた透き通る声も、何もかも。女の子が憧れる吸引要素がぎゅっと詰まった今田美桜。

アプデされたB O D Yネタを、ぷるんと甘くトークしていただきました♥

今田美桜、バブくて可憐なウブ毛がたまらない♡「おでこのウブ毛は、歯ブラシを使って…」美桜流ポニーテールの衝撃HOWTO

今田美桜。ar1月号より

美桜ボディのトリセツ♡

・触れるとフワフワだけどしっかり弾力のある質感を目指し、適度に運動を。

・ボディの保湿のために、湯船にはオイルタイプの入浴剤をたっぷりI N。
顔のパック後にシートマスクをギュッと絞り、余った美容液をカラダに塗り込むという裏ワザも。
ボディスクラブはあまり使わない派。

・体重計にはほとんど乗らず、ボディラインのチェックは目視で行なう。全身鏡に向き合い、お肉がつきやすい太ももやウエストまわりを確認。ウエストのくびれ対策は、軽めのねじり運動&ピラティスがイチオシ。

・食事はよく噛んでゆっくり食べる点がポイント。噛む行為によってあごを使うことで、満腹感が得られる効果が。1口につき20〜30回噛むのが目標だけれど、食べ始めたらそんなことは考えていられないのが正直なところ。食べ順は、野菜から始めるのが美桜ルール。

・いい香りのアイテムを使うと、ボディケアのモチベーションがアップ。また、撮影などで本当に疲れていてストレッチなどが面倒な時は、数秒だけでもOK。むしろ、やったふりもアリ。"今日はできなかった"と落ち込むより、"なんとか続いた!"と思い込むことでやる気がキープできるはず。

今田美桜。ar1月号より

ボディメイクはメリハリが大事♡

「ボディに関しては全然ストイックじゃないです。
追い込みすぎないとかのレベルではなく、むしろ全く追い込まないタイプ。気をつけていてもむくむ時はあるから、“ どうせなら美味しいものを食べてむくんだ方がいいな”って思うんですよね( 笑)。

自分を責めてもしょうがないし、ずっと頑張るのって疲れちゃうじゃないですか。
なので、その都度様子を見ながら適度に頑張る。“ 今日は食べちゃったから、明日は少し軽くしよう”って
いう感じでバランスを取ればいいってことにしています。」

結局、メリハリが大事みたい!トリセツを参考に美桜ボディを目指そ♡

Model:今田美桜
Photo:Shibata Fumiko
Styling:Yamawaki Michiko(LOVABLE)
Hair Makeup:Tokashiki Aiko
Text:Majima Emari
Composition & Text:Shiota Miwako

暮らしの質が高いってこういうこと」憧れ女子のルーティンにあったある共通点