【長男編】兄弟構成別・彼の攻略法♡

長男、中間子(次男、三男など)、末っ子など、生まれた順番によって性格、特徴、恋愛傾向に異なる傾向があると言われています。長男男性は家族から期待や愛情を寄せられた人も多く、責任感の強いしっかり者が多い特徴があります。

では、好きな人がしっかり者の長男である場合は、好意を持ってもらうためにどのようなアプローチをすれば良いのでしょうか? 今回の記事では好きな人が長男である女性向けに、長男の特徴、恋愛傾向、アプローチ方法を紹介します。

(こちらもチェック)【12星座別・男性の攻略法】基本性格、恋愛傾向、本命への態度、アプローチ法を徹底紹介♡

しっかり者の長男、基本性格は?

長男男性はしっかり者で、責任感が強い性格の持ち主が多いです。家族から大事にされてきた人も多く、自分大好き、または自信家の男性も少なくありません。

また、家族、地方によっては、長男に対し「跡取り」と考える家もあり、子どもの頃からしっかりしつけを行うこともあるでしょう。そのような家庭で育った場合は、長男に寄せる家族の期待がより一層大きくなります。そのため、長男の男性は自然と責任感が強く、家族思いになる傾向があるようです。

とくに彼氏の血液型がA型、O型の場合はしっかり者の気質がより強くなります。また、兄弟が全員男兄弟の場合は、先輩、後輩といった上下関係にやや厳しいところがあります。

長男の恋愛傾向は?

長男男性は家族から大事にされてきた人が多いため、自分を大切にしている人が多いです。そのため、大切な女性ができると自分と同じように大事にしようと誠意を持って尽くします。

兄弟構成別・彼の攻略法♡ 長男の恋愛傾向は?

自分に嘘をつくのが苦手なので、好きな人が出来たら、正直に自分の気持ちをアプローチしていきます。逆に、女性の嘘や駆け引きを苦手としているので、彼と交際がスタートしたら誠実な姿勢を心がけることが大切です。

なお、長男男性は家族から大事に育てられた人も多いことから、恋愛をすると「自分を第一」にしてくれないと拗ねることもあります。彼氏が長男タイプであれば、他の男性との浮気はご法度です。彼と交際がスタートしたら、彼を第一に考え、尽くしてあげましょう。

長男はどんな女性に惹かれる?

長男男性は、自分の家族を何よりも第一と考えるので、女性を選ぶ際には「家族に気に入ってもらえる相手がどうか」を考える傾向があります。

将来的に家を守ってほしい、家族を第一に考えてほしいと思っている人も少なくないため、家庭的で自分を支えてくれそうな女性に惹かれます。顔はキリっとした美人系で、ファッションは清楚で控えめな女性を好みます。

また、将来的に「両親の面倒を見たい」と考える男性であれば、実家の近くに住んでくれるか否か(または将来的に同居してくれるかどうか)を、交際前、または結婚前にチェックすることもあります。

責任感は人一倍!長男の彼がされたら嫌なこと

長男男性は、何よりも自分の家族を大切にしています。そのため、自分の家族を侮辱されるのをとことん嫌がります。どんなに嫌なことがあっても、彼の家族の悪口、不満はあまり言わない方が得策です。

また長男タイプの男性は、独占欲があり、やや嫉妬深い一面も。そのため、浮気は絶対にNGです。誠実で真面目な性格なので、女性の嘘や駆け引きも苦手としています。彼との交際がスタートしたら、彼には素直な態度で接しましょう。とくに彼から末永く愛されたいと考えているのであれば、精一杯彼のために尽くしてあげましょう。

長女?中間子?それとも末っ子?相性がいいのは…

長男男性は、しっかり者で誠実な女性を好みます。そのため、自分と同じ気質を持つ「長女」の女性との相性が抜群です。長女の女性であれば、お互いに支え合いながら末永く一緒に過ごせるはずです。

また、長男男性は面倒見のいいところもあるので、甘え上手な末っ子女性との相性も良好です。ただし、女性のわがままがエスカレートすると愛想をつかされる恐れがあるので、いくら彼が優しいからとはいえ、甘えすぎは禁物です。

中間子(次女など)の女性は、人に合わせるのが上手なので、長男男性を上手くおだてながら一緒に過ごせるはず。ただし、中間子特有の要領の良さ、または人によって態度を変えるところを見られると、義理堅く真面目な長男男性に愛想を尽かされる恐れもあるので注意しましょう。

一人っ子女性はマイペースなところがあり、「自分を支えてほしい」と考える長男男性を苛立たせる恐れがあります。長男男性のことが本当に好きならば、自分のやりたいことばかり優先するのではなく、相手に合わせることも忘れないでください。

みくまゆたんの夢占いもチェック

海外で予約人数が700万人を突破! イメチェン欲を叶える『きらめきパラダイス』って一体なに??

みんなのニキビケアを大調査!一位は「触らない」二位は?【おすすめニキビの対処方法】もご紹介