女優の広瀬すずさんが約1年ぶりにar6月号(5月12日発売)の表紙に登場! 最近ますます女らしさが高まる広瀬さんの“すずBODY”を徹底解剖。さらに、国宝級の“すず顔”をどアップで堪能できる。

広瀬すず(ar6月号)

広瀬すず、実は”骨フェチ”♡ 綾瀬はるかを絶賛!

撮影当日は、「ボディ特集号の表紙、私でいいんでしょうか?」と謙遜気味だった広瀬すずさん。 「arのツヤ感と色みが可愛い」と楽しく撮影し、透明感抜群のビジュアルを見せている。

広瀬すず(ar6月号)

「太りやすいタイプなので、運動したらすぐほぐすこと&食べたら出す!お腹の調子を、永遠に整えているんですよー」と、腸美人な一面を披露。理想のボディについては、「綾瀬はるかさんの身体が大好きです。首から肩~デコルテのラインが国宝級に美しいので、タンクトップが最高に似合いますよね♡」と女優の綾瀬はるかさんを絶賛。“骨フェチ”な彼女の一面を知ることができる。

なんとこの写真、眉も描いていないんです…

広瀬すず(ar6月号)

またすっぴんで来た時の可愛さを、そのままフレッシュに引き出したいというスタッフの要望もあり、下地+リップ程度のヌーディメイクで撮影に臨んだ。眉も描いていないにも関わらず完成しきった“すず顔”ページでは、パーツごとに自己分析。

「可愛くなるにはどうしたらいい?」という問いかけには、「可愛い人を観察することが大事!最初はマネでもイイと思う」と独自の観察眼について語った。綾瀬はるかさんをはじめとし、吉岡里帆さんのあごや、モトーラ世里奈さんの目を憧れとしてあげるなど“カワイイ観察”をしている模様。

広瀬すず「理想を追求すると疲れちゃう」

一方で「理想を追求すると疲れるから、自分が楽しい感覚でいることが一番」と、人と比べ過ぎず、「自分は自分、人は人です」と冷静に自分を見つめている場面も。放映中のミステリードラマ『ネメシス』をはじめとし、映画・ドラマと大活躍中の彼女。ストイックすぎず、自分に合うためのマイペースなカラダ&肌のお手入れは読者にとっても“自分のカラダを愛するヒント”につながるはず。

ar6月号表紙
ar6月号はコチラから

<合わせて読みたい>

色気がヤバすぎる! 広瀬すずの大人マインド

女らしいムードに惚れる♡ あか抜けピンクヘア7選

泉里香の色気がすごすぎる! 夏映え服6選