巻かなくてもOK! ドライヤーだけでお出かけ仕様にできる3つのワザ

2018年5月14日

基本アイテムシリーズ、今回はドライヤー。実はいつも使っているドライヤーだけで、お出かけ仕様のヘアスタイルになれちゃうんです!

アレンジのベースとしても最適なので、覚えておくと便利!

ドライヤーの正しい使い方がわかれば、1つで色々できちゃうんです。

今回もLONESSのスタイリスト・目澤沙友里さんが解説してくれます♪

 

これまでの簡単ヘアアレンジ動画はコチラ

<テク1>トップをふんわりさせる

ペタンと潰れたトップはなんだか貧相…。

そんな時、トップだけでもふんわりさせておけば、印象も明るくなります!


まず、ドライヤーには「温風」「冷風」があるのは知ってる?

髪を乾かすときは「温風」ですが、「冷風」は髪につけたクセを固定するためのものなんです。

 

「温風」でクセをつけて、「冷風」で髪を冷ましてクセを固定して。

いわば温風がコテ、冷風がキープスプレーみたいなイメージです。

 

この作用を利用してトップをふんわりさせます!

 

<コツ>分け目から2〜3cmの毛束の根元に温風と冷風を当てる!

温風を毛束の根元に当てて、潰れがちな根元を立ち上がらせます。

この時、温風と冷風は、毛束ごとに交互に当てることがコツ!

とっても簡単!

 

<テク2>前髪を流す

ヘアスタイルで、印象が一番変わるのは前髪!

ドライヤーがあれば、簡単に「流し前髪」ができちゃいます。

そのコツは、流したい方向と反対に乾かすこと。

どうしても、流したい方向へドライヤーを当ててしまいがちですが、それはNG。

 

必ず、流したい方向と反対へ風を当てて。

そうすることで根元が立ち上がり、ふんわり流すことができます。

 

<コツ>根元は反対へ、毛先は流したい方向へ!

根元を立ち上がらせたら、毛先は流したい方向へ風を当てます!

前髪全体を、Cカールの要領で流していきます。

 

自然に優しいカールが出来上がりますよ♪

 

<テク3>毛先に動きをつける

アイロン(コテ)がなくても、毛先に動きはつけられるので、不器用な人におすすめ!

スタイリング剤を毛先に付け、毛先を手のひらをお椀のようにして

毛束を持ち上げていきます。

そしてそのまま、温風・冷風で乾かします。

 

<コツ>乾かすときは揉み込んで!

特にコツはいらないくらい簡単!

手で若干クシャッと揉み込みながら乾かすと、自然な動きがつきますよー

ギュッと握り潰す必要はありません。

 

完成♡

 

家には必ずあるドライヤー。わざわざ用意しなくて済むのが嬉しい!

お風呂上がりに乾かすだけじゃなく、ヘアアレンジにも有効利用してくださいね♪

 

教えてくれたのは

 

LONESS(ローネス)

03-5413-7928

目澤沙友里さん

おすすめ記事

人気ランキング

最新号

ar12月号発売中!カバーは森絵梨佳さん♡

最新号はコチラ

定期購読はこちら

公式instagram

公式Twitter

公式LINE

From Instagram:

公式Instagram

ページトップへ TO PAGE TOP