arに納言の薄幸が登場!

女芸人の中でも、ひときわ強くて自由で破天荒!(笑)な、納言・薄幸さん。

「悩みなんてないんじゃないの?」なんて思っている人。

新しい彼女の一面を知れば、もっと好きになっちゃうはず。

比留川游「若い頃は"あの子にはそれがあって自分にはない"って落ち込んだ」コンプレックスとの向き合い方に胸を打たれる

薄幸。ar9月号より

HISTORY OF MIYUKI

「コンプレックスって、容姿とか運動神経だったりとか、ですよね。
やっぱり大人になってくるとどんどん消えていく。経験積んでいくと。
あとは捉え方だと思います。

私の場合、芸人ならではですけど、見た目が面白いキャラではないので、見た目でインパクトある芸人さんを羨ましく思います。憧れる。
私は外見ではあんまりいじられないので。
"外見いじり"は、いじられる本人がオッケーならいいんじゃないかなって思っています。

あとは、関西弁にめちゃくちゃ憧れますね。
それだけで芸人としてデキる人って感じがするし、ツッコミとかが格段に切れ味がよくなるんです。
仲良くさせてもらっている尼神インターの渚さんなんて、嘘みたいな関西弁を使いますからね。
渚さんと仲良くなってから、関西弁に憧れることが増えました。
前に渚さんが自宅に遊びに来た時に、トイレから出てきた渚さんが「トイレットペーパーなくなりそうやで、まあもう拭き終わったからええけどや」って言ったんです。
「ええけどな」じゃなくて「ええけどや」って。
もはや関西弁なのかもわからないけど、なんか憧れちゃうんですよね。

私のコンプレックスのひとつで"中卒"ってのがあるんですけど、芸人は時事ネタに詳しい人も強いんですよね。
今は忙しくてちょっとやれていないけど、前は読書として辞書を読んでいました。
言葉を知らなすぎて。
仕事が少なく時間に余裕があったら毎日読んでました。
ちなみに、この言葉かっこいいなと思ったのは「期日前選挙」です(笑)。
響きがサイコーです。
世間のことは把握していなくちゃいけないので、テレビニュースも見たり。
忙しくなった今でもネットニュースはチェックします。
この情報を集めるクセは、中卒コンプレックスの穴埋め的な行動ですね、きっと。
でもね、中卒エピソードは、みんなができることじゃないから、芸人になったおかげでコンプレックス感は薄れています。
中卒のおかげで『しくじり先生』にも出られましたから! 

面白いのが、お酒とタバコが好きっていう"素の自分"を出したことが売れるきっかけになった気がして。でも素を出すのに勇気はいりませんでした。
むしろ素の自分を知ってもらうことで、やりやすくなった。
喫煙可能なスペースを用意してくれたり、喫煙休憩を入れてくれたりするようになったので(笑)。
でも前の彼氏に「お笑いやめてくれ」って言われて、それが原因で別れたこともあります。
売れてから連絡があって、「仕事忙しいから」って断れた時に、なんか優越感でした(笑)。

実は、子役とかやっていたんですけど、養成所で漫才してすごく楽しくて、その時に誰がなんと言おうと「一生(芸人)やめられないな」って思ったんです。
子役は、芸能界に入れたら何でもいいって思って。
子役は子役で楽しかったんですけどね。
コンプレックスを克服するには、自分にしかできないことを見つけるのが得策だと思います。
むしろ、それしかない。

自分の好きなことを研究して、自分のセンスとか、他の人がしていないことに磨きをかけるとか。
そしたら自ずとコンプレックスって薄れていくと思います。」

コンプレックスもネタに転換

「中卒なので学歴コンプレックスはあります。
でも芸人という職業で、少し売れたからそれもネタにできていて、これって芸人ならではかもって思います。
売れていなかったら困ったもので、他の仕事には就けないんじゃないか、資格取らなきゃって、たぶん焦りの境地(笑)。」

街では「なんだ、いい人じゃん」って

「アイコス吸っていたら、「紙タバコを吸えよ」って言われます。
街で声かけられたら対応するんですけど、「なんだ、いい人なんじゃん」ってがっかりされたり。
コンビのネタで"街をディスる"っていうことをしているんですけど、新宿歩けば「新宿はどんな街ですか?」って聞かれることも。
もちろん「新宿いい街ですよ」って答えますよ!(笑)」

こんなナリで極度の寂しがり屋っす

「今、男女4人でルームシェアしているんですけど、相当人恋しいタイプですね。
誰かとずっと一緒にいたい。外でも家でもひとり酒はしないし、いつもの素の自分は、みなさんのイメージを裏切ります、きっと。先に同居人が寝ちゃいそうになると「もう寝ちゃうの?」って言っちゃうしね(笑)。」

意外すぎる素顔を知ればもっと好きになっちゃいそう。

Photo:Hodoshima Yumi
Hair Makeup:Inomata Maiko(TRON)
Model:Hirukawa Susuki Miyuki(NAGON)
Text:Takekoshi Nao

デリケートゾーンケア、実際どうしてる? 専門家に「正しいケア方法」を聞いてみた

【星ひとみの天星術・占い】あなたって実はこんな人!12タイプ別の性格とキーワード