吉岡里帆、ファッションのイロイロを語る♡

ar4月号の表紙を、女神のような美しさで飾ってくれた吉岡里帆さん。
彼女が最近着たい服やお買い物の仕方など、ファッションについて語ってくれました♡

吉岡里帆。ar4月号より

ワクワクする服が着たい♡

「女の子をとことん楽しみたいと思った時はフェミニンな格好をしたいし、トレンドに引っ張られすぎずに、レトロなファッションからのインスピレーションを受けてワクワクしてもいいんじゃない? 最近の私は、ワイドパンツやAラインなどの自分を甘やかす服に飽きてしまい、細身のボトムが気分。高級感ある素材の大きめニットと合わせて、シンプルだけど一つひねりが効いている大人スタイルが心地いい。」

その時の気持ちに寄り添うカラーが私をホッとさせる

「コーディネートをする時に、真っ赤なバッグを差し色にするのもいいけれど、今の私にはそのワンポイントは光りすぎていて疲れてしまいそう。心穏やかにいたいからなのかな、桜色ベージュ水色などの淡くて優しい色がホッとします。」

吉岡里帆。ar4月号

TPO×マインドの掛け算が結構大事!

「ドラマや映画の撮影現場に行くのに、あまりにもカジュアルだったりエレガントやフェミニンが過ぎると、ムリしてしまいそう。大人っぽく砕けすぎずに、でもらくちんなスタイルがベストです。逆に、プライベートでのごはんや飲みに行く時は好きな服を着ようって決めていて。美味しいもの、居心地のいい場を楽しみたいから服は〝自分らしく自由に〟がポイントです!」

ガッツリお買い物は絶対基本一人がいいの

「ファッションが好きだから、服はできるだけお店に足を運んで試着して買います。服だけじゃなく、お店の雰囲気や店員さんとの会話、そこの空間を感じるのも楽しいんですよね。ちなみに、「今日はお買い物デー」って時は絶対に一人でって決めてるの。友達と行くのも楽しいんだけど、付き合わせてしまったり待たせたりすることに気を使っちゃうんです。でも友達とふらっとウィンドウショッピングしたり、友達のコスメや洋服を一緒に選ぶ時間はすごく好き!」

吉岡里帆。ar4月号

吉岡里帆のファッションポイントが素敵で真似したくなっちゃう♡

Photo:Sampei Yasutomo
Styling:Yamawaki Michiko(LOVABLE)
Hair Makeup:Nobusawa Hitoshi
Text:Shiota Miwako、Wakayama Aya

吉岡里帆が撮影の前日にするスペシャルケアって?「むくみやすい体質なので…」

白石麻衣、体型維持はどうしてる?「ちょっと体重を落としたいなっていうときも…」